音楽、へらぶな釣り、仕事、バイトなどなど、mixiの日記よりちょっぴり深くコメントしようかな(^^ゞ ってか気まぐれで復活って感じ(笑)


by PA-LA-LA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

神が死んだ!?

昨年末に衝撃的なニュースが飛び込んだ!?




大瀧詠一死亡!!



今、ラジオから彼の曲が聞こえてる。



大瀧詠一のサウンドの出会いは、中学3年のとき、仲間が作った、Xmasオムニバスカセットに入ってた『さらばシベリア鉄道』 だった。

この曲に刺激を受けた俺はピアノで弾いてみたいと思い、たまたま行った近所の楽器屋でたまたまみつけた『ナイアガラ』の弾き語りの楽譜!

即買いした。


家に帰って即練習!
難しかった(・_・;)
それでも練習は裏切らず、弾けるようにはなったが、歌ってくれる人がいなく、仕方なく自分で歌ってみたが、やはり難しい(*_*)
それでも、どーしても出来るようになりたく練習して数ヶ月後には、出来るようになった(^_^)v

この『さらばシベリア鉄道』が生まれて初めての弾き語りの曲なのだ!


一曲じゃ物足りなく、次に『恋するカレン』を練習!

君は天然色、白い港、雨のウェンズデイ、とレパートリーを増やした。

が、公な発表は出来なかったのはヒミツ(笑)


きっと、『大瀧詠一』のサウンドに出会わなかったたら、ピアノ弾き語りはやらなかっただろう。
ギターの弾き語りもやらなかっただろう。


大瀧詠一は俺にとって『神』!
俺の音楽の基盤なのだ!
[PR]
by PA-LA-LA | 2014-01-07 05:15 | ぼやき